MENU

抜け毛と遺伝の関係

抜け毛と遺伝には明確な関連性があります。それは、抜け毛の作用を引き起こすホルモンが両親からの遺伝によって子供に引き継がれるからです。特に、男性にはこの傾向が非常に強いので薄毛になる関係性をよく理解しておくことが大切です。
生まれたときの体質によって将来的な薄毛の症状がわかってしまうことがあります。これは、人間が本来持っている男性ホルモンが頭皮の毛乳頭に作用して脱毛作用を引き起こすからに他なりません。こうした症状は男性型脱毛症と呼ばれており、専門のクリニックに行けば薬を処方してもらうことも可能です。人間が薄毛になる原因は先天的なものと後天的なものの二つに分かれていますが、男性の薄毛の症状に関しては約7割以上が先天的な原因による薄毛の症状であることがわかっています。つまり、遺伝によるホルモンバランスが原因で抜け毛が進行しています。
生まれたときから将来的な薄毛が決まってしますので、効果のある明確な対策をするためにはそれ相応の治療を行わなくてはいけません。代表的な手段には自毛を利用した植毛や薬を使った男性ホルモンの働きの抑制があります。どちらを利用しても抜け毛の根本的な原因を防ぐことができるメリットがあります。